docsearchlogo

News と トピックス

弊社のNewsやトピックスを掲載しています。

2017年

2017.05.10 : 赤十字病院様に紙カルテ電子ファイリングシステムを提供

富士通の電子カルテシステム(HOPE)から出力した患者マスターDBと、過去の紙カルテ(約18万人分)に印字されたバーコード(カルテ番号)を スキャナから読み取ってカルテを電子化し自動登録します。カルテは、患者IDや氏名などで検索し、閲覧できるシステムを開発し提供しました。

2017.03.20 : 自治体様向け名寄台帳等管理検索システムを開発

富士通のimageOFFICEとListWorksで構築されていた名寄台帳、および家屋評価資料等文書管理システムを統合し、 新名寄台帳等管理検索システムとして開発し提供しました。

2016年

2016.10.20 : 農業信用基金協会様向け稟議書ファイリングシステムを開発

従来まではimageOFFICEで構築されていた文書管理システムをデータを移行し弊社のらくらくドキュメントサーチをカスタマイズして提供しました。

2016.06.28 : らくらくドキュメントサーチがScanSnap Selectに認定

株式会社PFUのScanSnap Select商品として、らくらくドキュメントサーチがファイリングソフトとして認定を受け登録されました。

2016.04.22 : ScanSnap連携ソフト らくらくドキュメントサーチを開発

ScanSnapでスキャンした文書や、EXCEL・WORD・CADデータ・jpegなどの電子データを、 検索に必要なキーワードを付けて登録し、誰でも簡単に文書の管理ができるソフトウェアです。

2016.03.20 : 医療系専門学校向け求人票検索システムを開発

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの国家資格有資格者に対する求人票を学生が自由に閲覧できるシステムで、 求人先施設名、勤務地、職種、基本給などの項目で求人票を検索することができます。

2015年

2015.12.17 : 測量設計事務所向け測量成果簿ファイリングシステムを構築

計画書、計算書、境界点座標リスト、精度管理表、工事記録、図面、写真など、測量に係る作業の記録や成果を記載した資料を 件名ごとにファイリングし、閲覧し易いよう各フォルダの名称や階層を体系付けて保存します。

2015.09.04 : 金融機関向け長期休眠口座検索システムを開発

長期間にわたり引き出しや預け入れなどの取引がされていない休眠口座について、 口座番号、店番、カナ名、住所の一部などから長期休眠リストを検索するシステムを開発しました。

2015.07.10 : 金属加工業様向け図面検索システムを開発

図番、製品区分、製品名称、品番、型番、納入日などで検索し、図面を楽2ビューアで表示するシステムを開発しました。

2015.07.06 : 自動車部品製造業様向け部品リスト表ファイリングシステムを開発

部品表リストをスキャナでスキャンし、品番、品名、材質、工程、仕様など様々なキーワードで検索できるシステムを構築しました。

納入先、二輪・四輪・特機などの区分ごとに書庫とキャビネットを体系的に整理し、バインダの目次には品番を自動で設定する仕組みを構築しているため、 楽2ライブラリのパッケージ機能だけでも閲覧し易い工夫をしています。

2015.04.20 : 設備工事業様向け工事日報ファイリングシステムを構築

配管設備工事に係る工事日報をスキャナでスキャンし、工事番号、現場名、作業者名、着工日、完了日などで検索を可能となりました。

2015.03.26 : アンケートハガキのOCR処理システムを開発

全国の住宅展示場に来場された方のアンケートを回収し、富士通の「DyneEye」を使ってOCR処理を行い、集計するシステムを開発しました。

2015.02.10 : 保険代理店様向け契約書関連書類ファイリングシステムを開発

保険代理店が所有する各種書類(申込書、意向確認書、車検証、業務日報等)を文書の種類ごとにスキャンして保存し、 証券番号、車両番号、始期日、満了日、異動日、活動日などで文書を検索することができます。

電子化して保管後は紙文書を破棄できるため、書類の保管場所が削減できます。

2014年

2014.12.26 : 楽2ライブラリ導入済顧客に対する検索性能改善について

資材課(購買部門)で日々発生する膨大な見積書を、スキャナから入力して登録し、仕入先先コード、仕入先名、発注番号や 各種キーワードなどで容易に検索できるシステムを構築しました。

2014.12.17 : 建設業資材課様向け見積書ファイリングシステムを構築

既に楽2ライブラリクライアントサーバ版導入済の医療法人様にて、バインダ数が膨大となり 患者氏名や患者コードなどでバインダを検索するのに数分程度要していたものを数秒でバインダを検索できるよう 楽2ライブラリのアドオンソフトで性能改善を図りました。

2014.11.26 : 発電設備プラントの完成図書ファイリングシステムを開発

発電設備プラントの膨大なドキュメントを永年保管する上で、これまでtif形式で保存されていたが、プラントごとの 設備名称で必要な文書を探しだすのに多くの時間を要していました。

これを、pdf化する上で、設備名称や検査項目、図面など、さまざまなキーワードで検索することができます。

2014.07.30 : 物流倉庫業様向け出荷台帳検索システムを開発しました

梱包作業において、これまで、紙による出荷台帳を基に行っていたものを、出荷台帳を電子化して各倉庫の出庫ステーションで、 画面をみながら梱包作業が行えるように業務の作業効率を改善させることができるようになりました。

出荷台帳は、荷主コード、部署コード、出荷先キーコード、出荷先名、出荷先住所など、さまざまなキーワードで検索することができます。

2013年

2013.11.19 : 東芝複合機e-studioと楽2ライブラリを連携した連携ソフトウェアを開発しました

e-studioでスキャンしたドキュメントをキーワードを付与して楽2バインダに登録、FAX送信元をアドレス帳から判別して、 自動で送信元ごとのバインダに登録できます。

これにより、迷惑FAXなど印刷が不要なFAXもプリントアウトする必要がなく、経費削減をすることができます。

2013.11.19 : 鉄鋼総合商社向け鋼材証明書ファイリングシステムを開発しました

鋼材証明書(試験証明書)の検索システムで、鋼材の品名、形状、寸法、試験証明書Noなどで容易に検索できます。

2013.07.01 : プラントメーカー向け完成図書ファイリングシステムを開発

従来まで、スキャナから取り込んでtifに収容されていたファイルを、プラントごとに各種ドキュメントを階層化してpdfに変換して保存し 各種キーワードで容易に目的の文書を検索できるシステムを構築しました。

2012年

2012.12.27 : 企業年金基金様向け入力支援システムを開発しました

企業年金基金様の各種帳票(一時金裁定請求書、年金裁定請求書、脱退一時金請求書、現況届、死亡等)を、 スキャナから読み込みOCR処理後、入力項目のチェックを行いテキストデータに変換してホスト側の処理に引き渡します。

これまで手作業で入力していた処理を、OCR処理により入力の手間を大幅に改善させることができました。

2012.06.18 : 楽2ライブラリデータ登録サービスを開始しました

お客様のテキストデータとスキャンしたpdfファイルを元に、データを楽2ライブラリに登録するサービスをご提供します。 これにより、お客様のデータから楽2バインダを検索し、該当する文書を容易に探し出すことが可能となります。

オプションで、登録・検索プログラムを利用することでメタ情報の任意なキーワードで検索できるようになります。

2011年

2011.06.30 : 障害児個別指導記録システムを開発しました

幼稚園・小学校・中学校・高校において、1人ひとりの個人別指導記録簿をファイリングし、 障害がどのような指導をもとにどう改善されたのかを履歴として追跡できるシステムを開発しました。

特別支援学級や障害児を専門とした施設での養育記録簿の統計分析資料としても利用が可能です。

2011.06.15 : ScanSnap N1800と楽2ライブラリを連携したソフトを開発しました

PFUのネットワークスキャナ  ScanSnap N1800と楽2ライブラリを連携させたソフト 「スキャン To 楽2ライブラリ N1800」を開発しました。これは、N1800に搭載されているタッチパネルに、 楽2ライブラリのバインダを表示し、このバインダ名をタッチするだけでスキャンした画像を楽2バインダに 登録することができまるものです。

N1800のネットワークスキャナを共有し、1台のスキャナでドキュメントを電子化してファイリングすることができます。

2011.03.30 : 楽2バインダのインデックス自動作成ツールを開発しました

過去の年度で作成した既存のバインダ内のインデックス情報を元に、新年度の空バインダを作成する上で、 インデックス情報も自動で作成するツールを開発しました。

これにより、平均1バインダあたり40個のインデックス情報と年度ごとの空バインダ約600バインダを作成するのに 数日要していた作業を、20分程度で作成できるようになりました。

2011.02.28 : 従業員情報管理システム導入事例を追加しました

社員区分、職種、免許・資格、役職、部門、所属、担当エリア、退職理由、上司見解、賞罰、人事問題などの他、 免許や資格の取得履歴、所属履歴、所属履歴、昇進履歴、賞罰履歴、休職履歴など、さまざまな項目で従業員の情報を検索でき、 該当する文書を即座に表示することができます。

2010年

2010.04.23 : 中小製造業向け営業証憑書類ファイリングシステムを開発

注文書、納品書、受領書、請求書などの各種営業証憑書類をスキャナで読み取り、注文番号や品番などのキーワードで 伝票を容易に検索できるシステムを構築しました。

富士通のドキュメント・イメージングソフト「imageOFFICE」をデータ形式を変換し、imageOFFICEと同様な運用ができるよう、 システムの移行作業を請け負うサービスを開始しました。

imageOFFICEは、Windows XPまでしか動作保証がされておらず、最新のWindowsへ移行できるよう変換ツールを開発し、 これまでのimageOFFICEと同様な運用ができるようになりました。

2010.03.31 : セレモニーホール様向け営業管理資料ファイリングシステムを開発しました。

葬儀台帳請求書、現金出納日報、発注書、納品書、議事録など葬儀に係る各種書類を複合機からスキャンし 各年度ごとのバインダに自動で登録する仕組みを構築しました。

これにより、パート従業員でも容易に目的のバインダに登録でき、書類の紛失や誤って別のバインダに登録されてしまうミスを 防止できるようになりました。

楽2ライブラリの導入を検討しているお客様に対して、現状の紙文書の運用・管理方法をヒアリングし、どのようにしたら 業務効率の改善を図ることができるのかをコンサルし、導入にあたっては、現状の運用を大きく変えることなく電子化にあたっての 管理体系の提案と、楽2ライブラリでの運用に向けてのシステムのセットアップまでを一貫して行うサービスの提供を開始しました。

2010.01.29 : 自治体様向け政務調査費集計簿作成システムを開発

それまでは手作業で行っていた議会議員の活動のために支給さる議員ごとの政務調査費集計を、領収書貼付用紙をスキャナでスキャンしOCR処理を行って、 各議員ごとや会派別に集計するシステムを開発しました。

これにより、集計作業の時間短縮や、情報公開に市民オンブズマンからの閲覧に迅速に対応することができるようになりました。

2009年

2009.11.24 : 富士通の帳票OCRソフトDynaEyeと楽2ライブラリを連携したソフトを開発しました

富士通のソフトウェア帳票OCRソフト「DynaEye」で認識した帳票を、PFUの「楽2ライブラリ」に自動登録し、 DynaEyeで認識したデータを元に楽2ライブラリに登録された帳票を検索できるソフトを開発しました。

2009.11.20 : 大学・専門学校様向け求人票Web検索システムを開始しました

学校に寄せられた求人票を、これまでは学内の特定の場所でしか閲覧できなかった求人票を、学生の自宅やスマホからも閲覧できる ソフトを開発しました。これにより、求人票のコピーが不要になり、学生への求人サービスが向上させることができました。

2009.10.08 : imageOFFICEから楽2ライブラリへの移行サービスを開始しました

富士通のドキュメント・イメージング・ソフト「inageOFFICE]から、PFUのドキュメントファイリングソフト 「楽2ライブラリ」へデータ移行サービスを開始しました。

2009.09.30 : 自治体様向け建築計画概要書ファイリングソフトを開発

自治体が所有する膨大な量の建築計画概要書を電子化し、容易に検索できるシステムを開発しました。 これにより、問い合わせや照会などの業務に迅速に対応できるようになりました。

2009.08.28 : 楽2ライブラリを使ったペーパレス会議を実現するソフトを開発

会議資料をScanSnapなどのスキャナや複合機を使ってスキャンし、楽2ライブラリのバインダに自動登録し、 会議の要約を自動作成できるソフトを開発しました。

2009.04.03 : PFUソリューションパートナーに弊社が登録されました。

楽2ライブラリの開発元である株式会社PFUの「楽2ライブラリ パートナープログラム」に、楽2ライブラリパートナーとして 弊社の連携ソリューションが登録されました。

2009.02.16 : 弊社の楽2ライブラリアドオンソフトが富士通SDC商品に登録されました。

弊社は、各社の複合機や富士通fiスキャナ、ScanSnapなどのスキャナとPFUの楽2ライブラリと連携したソフト 「Scan To 楽2ライブラリ」や、楽2ライブラリと連携した各種業種・業務向けパッケージ「楽2ライブラリアドオンソフト」が、 富士通のSDC商品(ソリューション・ディストリビューション・センター)に登録されました。

これにより、富士通グループまたは富士通パートナー様は、弊社製品の手配が容易となりました。

2008年

2008.11.27 : 2008.11.27 : 産業交流展2008に 出展しました。

11月25~26日、東京ビックサイトで開催された産業交流展2008に出展しました。 デジタル複合機と楽2ライブラリを連携するソフトや、業務効率改善に向けた各種電子ファイリングシステムを展示しました。

弊社ブースへ多数のご来場をいただき、ありがとうございました。

2008.10.28 : 楽2ライブラリ商標使用許諾契約締結

弊社は、株式会社PFUと楽2ライブラリ商標使用許諾契約を10月1日付で締結しました。 これにより、弊社が開発した楽2ライブラリのアドオンソフトの商品名に、株式会社PFUの登録商標である「楽2ライブラリ」の商標を使用することができるようになりました。

2008.10.20 : eドキュメントJapan 2008 に出展に参加

10月15日~17日に開催されたeドキュメントJapan 2008に出展しました。

デジタル複合機と楽2ライブラリを連携するソフトや、手書き機能を搭載した紙カルテ電子ファイリングシステム、 その他各種業種向け電子ファイリングシステムを展示しました。

会期中、沢山の方々が弊社ブースに訪れていただき心より感謝申し上げます。 ご来場ありがとうございました。

2008.10.06 : リコー imagio カンタン文書登録と楽2ライブラリを連携したソフトを開発

リコー様の複合機 RICOH imagioのカンタン文書登録と、PFUの楽2ライブラリを連携したソフト「Scan To 楽2ライブラリ for imagio」を開発しました。 これは、imagioの液晶パネルから、楽2ライブラリの書庫/キャビネット/バインダを選択するだけで文書を楽2ライブラリに登録することができるものです。

本製品は、eドキュメントJapan2008に出展し、好評をいただきました。

山梨で開催された「全国異業種グループネットワークフォーラム 第9回全国大会 in 甲斐の国」に参加しました。

2008.09.18 : FUJITSU MEDICAL FAIR 2008に出展

富士通開催のFUJITSU MEDICAL FAIR 2008に、ワコム様と共同で出展しました。

2008.08.04 : ホームページリニューアル

ホームページを全面的にリニューアルしました。

7月16~18日に開催された国際モダンホスピタルショーに、株式会社ワコム様のブースにて「手書き機能搭載紙カルテ電子ファイリング」を出展いたしました。

この手書き機能は、プラスソフト様の「PenPlus」を組み込んでいます。

2008.04.04 : 保険代理店契約書ファイリングを開発

契約書類を紙で保管する必要が無くなり、保管スペースの削減、コピー代の節約ができます。 エビデンスとして、また、災害時や紛失・流失などのリスクを回避できます。

2008.01.28 : 入学願書検索システムを開発

大学・専門学校様向けに入学願書を電子化して保管することで、様々な条件で願書を検索することができます。 これにより、問合せに迅速に対応できるようになり、また、検索用データベースを元に各種統計的な分析もEXCELで可能となります。

2007年

札幌で開催された「全国異業種グループネットワークフォーラム 第8回全国大会 in 北海道」に参加しました。